TOP 鰐陵とは 会則役員 挨 拶 総 会 行 事 会 報 会員便り 情 報 お役立ちリンク 事務局

歴 代 会 長

第一代会長 昭和34年〜 富沢  豁氏 1回生
第二代会長 昭和62年〜 生江 義男氏 7回生
第三代会長 平成3年〜 高橋  良氏 15回生
第四代会長 平成7年11月〜 菅野七三郎氏 21回生
第五代会長 平成13年11月〜 渡邊 邦夫氏 24回生
第六代会長 平成17年11月〜 木村 莞爾氏 29回生
第七代会長 平成25年11月〜 木村 貴則氏 33回生
第八代会長 平成29年11月〜 佐藤  悠氏 37回生

                                                    

  東京鰐陵会会長 佐藤 悠氏

 

             

 

『平成30年の新春にあたり』

東京鰐陵会の皆様には、健やかに新春をお迎えのこととお喜び申しあげます。

日頃は会の運営にご支援をいただき誠にありがとうございます。戌年は私の干支で、6回目の年男となりました。8代目の会長として微力を尽くしたいと決意を新たにしていますのでよろしくお願いします。

会長就任挨拶でも申し上げましたが、会の運営に当たっては会員相互の親睦を図ることを基本に、年1回の総会に出来るだけ多くの会員に参加していただき、実りあるものとしていくことを心がけたいと思います。

昨年11月12日に開催した第26回総会には、143人の方々に参加をいただき盛大に催すことが出来ました。鰐陵同窓会本部からは、青木利光会長をはじめ中塩一夫事務局長、須田徹事務局次長並びに小松敦校長先生にご参加いただき、石巻地区の様子や母校の生徒の活躍の様子などをうかがったほか、東京鰐陵会会員の作曲家・和泉耕二氏(38回生)とテノール歌手・渡邉公威氏(64回生)のコンサートで大いに盛り上がりました。 

今年の総会は、11月11日(日)正午から例年と同じ霞が関ビルの東海大学校友会館で開催する予定です。どのような内容にすれば皆さんに喜んでいただけるか、運営委員会の場で議論を重ねていきたいと思います。

総会に併せて同期会を開催する皆さんも少なくありません。手間をかけずに毎年、同期会を開催できますので未だの回生は是非、試みて下さい。9月下旬に発送する総会案内状に同期会開催の案内状を添えて仲間を誘い、ご参加下さるようお願いします。 

会報紙「東京鰐陵」の発行も重要な活動の一つです。第1号の創刊は1989年、平成元年1月で、今年は16号の発行となります。会報紙は総会の様子や会員の消息をお伝えすることを主な編集方針としています。

広告の掲載はせず、会費の徴収もしないで、通信費及び運営資金援助の名目で主旨に賛同する皆様から、郵便振込で運営資金を振込んでいただいて活動しています。

今回も12月1日までに139人の方から合計31万円の運営資金の振込をいただいているほか、20回生の安住重一氏から多額の寄付を頂戴しました。この場を借りて改めて御礼申し上げます。課題は若い会員をどの様にして増やすかです。

石巻高校の鰐陵同窓会入会式の席で卒業生全員に『東京鰐陵会入会のお誘い』の案内と会報紙「東京鰐陵」を配付し、東京地区に住所を構えた人は東京鰐陵会事務所に住所、氏名を届けて貰うよう案内していますが、芳しい結果はでていません。

若い会員を増やす努力は今後も続けていきますので、皆様のお知り合いで未だ総会の案内状が届いていない方には、ホームページから事務局に連絡する様にお誘いください。

本年もよろしくお願い致します。 

平成30年1月           東京鰐陵会会長 佐藤 悠